FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年の散歩道。

大学のときは長崎県におりました。
パソコンの画像を何となく見ていたら、長崎時代の写真を見つけて懐かしくなりました。

休学やら何やらあったので、私の中で長崎生活は、いくつかの期間に分かれて記憶されていますが、今日の画像は長崎にいた最後の方。

nagasakikani (3)
写真を見ると、何ともじわじわ胸が詰まってくるような感じです。
朝早く起きて、、、というか、眠れずに外が明るくなってそのまま散歩に出たのでした。布団の中で色々考えていても埒が明かず、空がしらみ始めると共にさえずり出す小鳥の声に誘われて。部屋で夜を過ごす停滞を振り払いたくて。

この頃はそんなことが多かった。


住んでいたアパートの前に川が流れていて、その川沿いにずっと上流まで歩いていきました。



nagasakikani (2)
自動車専用道路の高架橋をくぐって、コンビニによってからその先の橋を渡って、対岸の道をまたずっと下って帰ってくるのでした。
コンビニで食パンと牛乳を買って、帰ったらそれで朝食をとりながら6時のNHKニュースを見て、それから勉強。
孤独に蓋がされたような毎日を思い出します。それでも、懐かしく、私の経験に一つ地層を作っている期間。

散歩の途中、道にかにが歩いていたりして。
特に雨の後はよく見つけました。
nagasakikani (5)
長崎の沢蟹、赤くてきれいな色をしていました。

大きな手長エビもいました。
nagasakikani (4)
川の横を歩いていたらピチャンと音を立てて魚のようなものが石の下に逃げ込んだので、よく見ると石の下からエビの手がはみ出していました。手を押えて捕まえました。撮影してリリース。


nagasakikani (6)
モクズガニもいました。

生き物、好きだねえ、って思う。


nagasakiyagomihhh.jpg
生暖かくて海の香りがほのかに風に乗ってくるような、長崎の町。家混み。
そこにいるときは早く他に行きたくて、溺れるように精一杯だけど、思い出すときは遠くから目を細めて眺めるようで、また味わってみたいような気がする。ずっと一人旅を歩くような、主観の日常。

ありがとうございます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

skywind47

Author:skywind47
こんにちは(・∀・)ノ
訪問ありがとうございます!
山里での暮らしぶりを発信しています。
プロフィールはこちら
よろしくお願いします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。