FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

おり引きが終わって、明日はかめ詰め。

かめぐちの“おり引き“。お酒は搾ったままのだとほんの少しですが濁りがあります。そのため、タンクのなかでそのまま静かに数日置いておき、おりを沈澱させて、その上澄みを取ります。“おり引き”と言います。私は、タンクの前でずっとお酒の番。いやはや寒いですなぁ、しかし。動く仕事ならそれなりに体があたたかになるのですがねぇ。また、寒波が来たようですな。外は雪がモサモサ降ってますがね。仕込1号と2号がおり引きを終えま...

続きを読む

せめの酒、少しからかった。

昨日が初搾りでしたが、そのまま翌日まで搾り機が頑張っていました。お酒はほんの少しチョロチョロでているだけです。霧みたいなのが充満しています。ぎゅーっと搾っている最後の方のお酒は、“せめ”と言います。何だか少し辛くて、酒粕みたいな味もしました。搾りはじめが、“荒走り”、中頃のが、“中取り”とか“中垂れ”と呼び最後の方が、“せめ”です。上槽(搾り)の次の日は、酒粕をもろみ搾り機から剥がす作業があります。私はと言う...

続きを読む

本日が初搾りです、かめぐち酒

ついに今年もこのときが。初搾り!もろみ搾機からまさに今滴り落ちるお酒。亀口(かめぐち)というのは、お酒が出てくる出口のことを言うので、ええ、ここが亀口です。初搾りかめぐち酒。このお酒はもちろん石塚酒造の“かめぐち酒”として世にでます。このときばかりは、社長、杜氏から蔵人までみんなで味見して今年の出来を確かめます。うーん、とろーり甘くて飲みやすい!私の好きな味だ。搾ったそのときに亀口からすくったお酒はや...

続きを読む

もち四段、たたっこむ!

日本酒は三段仕込みが一般的かと思いますが、私の働いている酒蔵では三段仕込みの後にもち米で四段目をうつ酒がいくつかあります。かめぐち酒とか~、本醸造とか~色々。今日は四段をうつ日。もろみの発酵具合をみて四段の日を決めます。今日はコシキの膨らみ具合が心なしかもちに見えますな!今日はもち四段、100kg。生米で100kgなので、蒸かしあがりは140~150kgくらいかな。蒸かしたもち米は、木の桶に入れて地道に運びます。私...

続きを読む

今日は留添えの仕込。一番米の量が多い日です。

本日は雨。今日も造酒屋で働いています、冬だけです。大こしき。まあ、巨大な蒸かし器なのです。下では大釜がぐらぐら煮えたって、蒸気をあげているのです。今日は中に700㎏以上米が入っています。3号タンクの「高柳」の留添え(三段目の仕込)用の米がほとんどを占めています。今年は造る酒の種類が増えて忙しい毎日です。米の状態から仕込みの経過まで見ていると、どんな味になるだろうってやっぱり楽しみになってくるものです...

続きを読む

石塚酒造、酒造り、お疲れ様でした!

高柳、澤田屋さんで石塚酒造のお疲れ会。焼いているのはジンギスカンなのであります!高柳の名物の一つジンギスカン。ときどき無性に食べたくなると言う人もいます。タレ付きで柔らかいお肉は食べやすいのです。豚や牛は重たいと言う人も、これなら胸焼けしにくいとか。私も割と若者なので、期待されるのはよく食べよく飲むこと。パクパクパクおいしいなっと。よく飲みよく注ぐ人の隣にいるとよく酔うのでした。これで私の短い蔵人...

続きを読む

火入れにて、今年度の蔵人仕事は終わりです。

大きな釜。中でお湯がグラグラ煮えて、らせん状の蛇管の中を通るお酒が加熱されます。左のバルブは閉めてあるので大丈夫ですよ!タンク三本分を火入れするので時間がかかります。こんなに大量の日本酒を目にすることは、酒蔵に来なければ一生なかったかもしれません。十分火入れされたお酒は、雪の入ったタンクの中の蛇管を通って冷やされます。雪運びも頑張りました。仕上げに炭素を入れて、ろ過するのです。鉛筆の粉のようなもの...

続きを読む

明日、お酒の火入れをすれば、完了です。

雪が溶けますね~。美しく香るような小鳥のさえずり声もよく聞こえるようになりました。春ですね。酒蔵手伝い、仕事納めまであと少し。最後の火入れの準備です。この蛇管を釜に入れて、お湯を沸かします。蛇管の中をお酒がぐるぐる通って、火入れされるのです。65℃が目安。火入れをすることで発酵がとまり、長持ちするようになります。火入れが石塚酒造の蔵人の年度最後の仕事です。おいしい夕げに呼んでいただきました。鯉の洗い...

続きを読む

酒粕ピザ作ってみましたが…

石塚酒造、酒蔵手伝い。今日もお酒のろ過やホースでの移動など。お酒に炭の粉や珪藻土を入れたあとろ過して、色や臭いを除くようです。純米吟醸酒をろ過してから、冷蔵室に移動しました。ほんの少し味見をさせてもらう機会があったのですが、このお酒、搾ったときよりもずっとずっとおいしくなっています。びっくり、ぽん(笑)だいぶ味が落ち着いてきて、苦味や無機質な感じが薄れると共に甘さがいい感じに前に出てきています。濃厚...

続きを読む

とくぜん弁当、春アサツキ、タラの粕汁。食いしん坊!

とくぜん弁当。何だかんだ、高確率で食べています。今日は初物アサツキもいただきました。タカハシさんのアサツキ。やっぱり、春先って、春の山菜の香りが欲しくなります。冬にない、とびっきりの香がフキノトウやアサツキにはあります。タンクの掃除など。午後は酒粕の袋詰めをいたしました。夕食に作ったタラの粕汁!☆おまけでタラコを乗せました。おいしい濃厚さに暖まります~(^w^)外ではフクロウが、ホォッ、ホーホッ。こんな...

続きを読む

プロフィール

skywind47

Author:skywind47
こんにちは(・∀・)ノ
訪問ありがとうございます!
山里での暮らしぶりを発信しています。
プロフィールはこちら
よろしくお願いします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。